理念・ビジョン

みんながしあわせになる診療所

私たちは明治歯科診療所の考え方に基づく健康づくり活動を通して歯科の可能性を追求し、
みんな(スタッフ、地域の人々、業界)がしあわせになる習慣、文化づくりを行います。

明治歯科診療所の考え方 もっともみんながしあわせになる健康の考え方
私たちは、健康とは、守るものではなくて
人々によって積極的に常に作り出し続けるものであると考えます。
健康づくり 活動 歯科の可能性の追求
私たちは、健康づくりのサポーターとして二人三脚で地域の人々の健康づくりとその自立を支援します。

歯科医院に通うライフスタイル作り 地域社会文化、業界スタンダードを作り変えたい-

明治歯科診療所の目標は治療をすることではありません。
歯医者は虫歯になったから行くのではなく、ジムに通うように、健康維持のためにいくところ、というようなライフスタイル・カルチャーを作って行きたいのです。
その方が悪くなってから行くよりもコストもかかりませんし、治療技術的にも複雑なものにはなりません。定期的に歯科に来る方が、結果として回数も少なくて済むでしょう。

定期的に歯科医院にくること、これが明治歯科診療所のあるこの地域文化を作り変えることに繫がる。そして、歯科業界のスタンダードになる。そこまで考えたいのです。

これまでの歯科は歯を悪くした「患者」さんを診る治療がメインでした。

治療や、歯をいかに白く見せるかなどの美容の技術力で差別化しようとしていますが、それはおかしいのではないでしょうか本当の歯の健康を考えるのならば、インプラントすること自体ないような歯を創ることを考えるべきです。

これからは歯を悪くしない人、健康な人が歯科に定期的に来るようにするべきだと思います。

虫歯予防や定期検診の推奨は山形県の熊谷先生を中心に20年前からある運動で全く新しい考え方というわけではありません。
このような動きを定着させるための準備をしています。
近年、徐々に変わりつつありますが、まだまだ歯を悪くしていることが、歯医者の入り口となっています。